京都旅行とマナー

国内からの海外からも非常に多くの観光客が訪れる京都ですが、観光客のマナーが問題になっています。
京都にはたくさんの歴史建造物などがありますので、マナーをしっかりと守りながら観光しなければ多くの人々に迷惑をかけることになります。
まず撮影のマナーに関してですが、場所によっては撮影禁止になっているところやフラッシュが禁止になっているところなどが多いため、必ず確認した上で撮影を行うようにしましょう。
特にフラッシュを焚いてしまうと歴史物として残されているものが色あせてしまうなどの懸念もあり、禁止になっていることを忘れずに。

またこの他には、交通面におけるマナーについてですが、自動車での移動であればさほどマナー違反などは気にならないものの、自転車に関しては非常にマナーが悪いと言われています。
観光する際に現地に到着してから自転車を借りてレンタサイクルで観光する人も増えていますが、歩行者や自動車には気をつけながら移動しなければなりません。
このほかには京都に関わらず言えることですが、食事のマナーなどに関しても覚えておきましょう。

多くの旅行客のいる京都では食事をする際にも行列ができていることなどがあります。
こうした行列に割り込んだりすることのないように、大人としてマナーを身につけておくのが最低限必要なことだといえるでしょう。
京都旅行は癒しと感動を求め足を運ぶ人が多いため、その中でマナー違反をしてしまえば日本人としても非常に恥ずかしい行為をしていることになります。
前述の通り海外の旅行客などが多いので、こういった旅行客のお手本になれるように心がけましょう。



▽関連情報
歴史ある京都でのウェディングを提案している結婚式場サイトです → 京都 結婚式場